UPTOWN STORE

所在地:茨城県つくば市

主要用途:美容室

面積:113.72㎡

工事種別:店舗内装

建築主:個人

設計:ダルマトーキョー

​施工:茂助建築店

家具:Heben

​写真:Kohichi Ogasahara

   

住宅街にある、公園と対面した美容室の計画である。
100㎡超の大きさに対し、アシスタントを雇わずスタイリストの夫婦2人で使う空間とし、セット面が2面という要望であった。
そのため、空間を効率的に使う都市型ヘアサロンの真逆をいき、スペースを贅沢に使うことができたが、その大きさがゆえに、外周部は明るいが奥は暗く湿っぽい雰囲気が漂っていた。

外周部のRC壁に仕上げとして鏡を配し窓と並置することで、奥まで光を届かせ、それぞれに奥行きのある開放的な立面をつくり出した。
プランニングの段階でオーナー夫婦が考えていたことは、「各々が独立したスタイリスト」ということで、同じ店内にいながらもセット面では客とスタイリストの1対1の関係性を大切にしていた。
そのため、外周部の仕上げとした鏡をセット面とし、あえてそっぽを向いて互いに距離をとりながらレイアウトし、什器としてではなく建築としてのセット面を設えた。

什器や照明は空間の広がりを遮らず、より空間に馴染むことを狙い、パンチングメタルやアクリル、ガラスなど透過性のある素材を用いた。

外部から見える断片的な店内と、内部から見える開放的な立面のギャップによって、髪を切るという行為を非日常的な体験として、ドラスティックに演出することができたのではないかと思う。

  • ブラックInstagramのアイコン